◆セブ島でバジャウ族と漁をしておいしいランチを食べました。

スポンサーリンク

フィリピンのセブ島に弾丸4日で行ってきました。

今回の旅の目的は2つあります。
1つは不動産視察
もう1つは友達のHiromuに会いに行くためです。

まず1つめの不動産視察からです。
昨今日本では不動産投資がバブル状態となっていますが、僕は日本では1つも所有していませんし、今後も購入はしません。
不動産投資は「騙される」「詐欺」「リスク」「日本の不動産の方がいい」と考える方がいると思いますが、それは無知による罪です。

僕が不動産投資をする際に見ているのは
・今後の国の成長率
・物件のデベロッパー
・僕がその地を好きかどうか
であり、この3つが合致しないと購入しません。

あえてもう1つ挙げるとすれば
「一般的に市場に出回っていない情報か?」
ということです。
誰でも変えて認知度の高い物件であれば、それはもう不動産投資としてのタイミングは遅いです。
ただし、まだ情報がクローズであり、なおかつ先ほどの3つの条件を満たしているかがキーポイントになります。

今回はセブのマクタン島にあるリゾートエリアの不動産を購入してきましたが、これは間違い無く超有料物件であり、個人的にももう1つ購入したくなってしまいました。。。。が、潤沢な資金があるわけではないので日本に帰ってから考えようかと思います。

とにかくめちゃくちゃいい物件でした。笑

images1

次に2つ目の目的であるHiromuとデンジに会いに行ってきました。
Hiromuは日本を飛び出してセブのバジャウ族という人たちと生活をしていて、セブで船を購入しツアー会社を作るワンダーボーイです。
バジャウ族はカルボンマーケットの近くに住んでいて、普段は海の家(竹を主材とした家)に住んでおり、自分らの船を出してモリなどで漁業をして生計を立てています。
自給自足に近い形で生活しています。

そのバジャウ族と一緒にツアー会社を作るのがHiromuで、デンジはそのHiromuのビジネスパートナーでありバジャウ族の代表的のような存在です。

今回そのバジャウ族がどんな人たちなのか?Hiromuはどんなことをしようとしているのか?

という部分が気になったので会いに行ってきました。

まず結論から話しますと想像通り最高でした!笑

IMG_1876

僕はいつも海外旅行に行くと、ビキニバーやクラブやエステというお金を使った豪遊ではなく、現地の人と同じ生活をしたいと考える方なので、その生活ができました。
バリに行った時も現地民のドローカルに住む人と仲良くなり、手でご飯食べてました。

こんな感じで↓
IMG_2611

そのあとローカルの人とダーツしたりwww

IMG_2612

今回はホテルからタクシーでHiromuと合流し、カルボンマーケットの近くにある海の家まで行き、船に乗りました。
そしてガソリンを買い出発です。
お昼ご飯はこれから調達します!w

傘のホネで作ったモリで魚やウニを取り、その場で魚を刺身にしお酢と唐辛子につけます。
そして持ってきたトウモロコシをすり潰したものを主食として、おかずにその刺身やウニと一緒に船の上で手で食べます。

これが最高に美味しいです。はっきり言って最高です。
お金では買えない経験です。

これからHiromuとデンジはツアー会社を作るそうで、とても楽しみです。
僕個人としてもまたセブに行きたいし、もっとロングステイして、海の家で寝泊まりもしたいと思ったので、次回はもっとバジャウ族と交流したいと思います。

IMG_1887

Hiromuのセブ大航海の続きを知りたい方はこちら!
今は海の上に家作ってるみたいです。
HiromuのTwitter

スポンサーリンク