◆1日のうちあなたに選択肢のある時間は15%しかないんです

スポンサーリンク

1年って長いようで一瞬で過ぎ去っていきますよね。

|2度の死で知った人生の時間

今日は”人生という時間”について話をしたいと思います。
実は僕は2回、死の直前で復活している人間なんです。
1回目は産まれる時に仮死状態の心肺停止から復活しました。←この時にサイヤ人になったのかもしれません
2回目は22歳の時にびまん性ホジキンリンパ腫という血液の癌になり、ステージ4余命50日を宣告された病床から完全復活をしました。
当時は退院した時に医者にも『5年経てば再発はない。最初の2年が再発率8割で残り3年が2割の確率。あなたは最重要再発患者だ』と言われましたが、なんともう6年以上経過して完治しています。

この2つの死に直面したことによって”人生という時間の過ごし方”についてとても多くのことを考えさせられました。

|自由時間の少ない人生

いつが人生で1番楽しい?

という質問に多くの人は『学生時代』と答えます。
これはきっと”自由な時間の多さ”を指してそのように言っている事が多々だと思います。お金じゃないんですよね。
科学的にも、人は多くの収入よりも多くの時間がある方が幸福度が高いと言われています。

ちなみに僕は今現在が1番楽しいです。そして来年はもっと楽しくなってるのがわかります。これ以上楽しいことってないんじゃないかなと思いながらも、同じことを毎年言ってるんです。笑

人の一生というのは約80年で日数に換算すると3万日。
3万日というと途方もない時間と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

平均睡眠時間が7時間とした場合→29%は睡眠時間
朝7時に起床して通勤し、7時に仕事が終わり帰宅が8時という1日13時間は→54%は仕事の時間
買い物したり、合コン行ったりデートできる人生の自由時間→17%(4時間ちょうど)
人は多くの収入よりも自由な時間が多い方が幸福度が高いと言われています。

お風呂に入ったり、8時間寝たり、残業で帰宅が9時になれば、その自由な時間すら4時間もありません。
そうした場合、その4時間というのは人生に換算すると、どのくらい残されているのでしょうか?

30歳の方の場合:8.3年が自由時間で41.7年が睡眠と仕事に費やす時間。
つまり今30歳の方であれば死ぬまでで自由時間は8年しかないということです。短いですよね。

例えば僕であれば自由時間は1日10時間近くあるので、2.2倍の速度で遊びから習い事から楽しむ事ができます。
海外旅行も年間1回しか行けない人がいた場合、僕はその人が10年で10回行くことに対し、3年で10回行けています。

そうなるとその1日4時間の自由時間を多くするか、その時間で我慢するかということになります。
僕は前者を圧倒的に推奨してます。
それにこのブログ見る人は自由時間欲しいから見ていると思うので、、、
そろそろ本題に入ります。

|自由な時間を拡大するには

ここから自由な時間の過ごし方と、自由な時間の拡大方法について具体的にどうしたらなれるのかお話しします。
結論としては起業か資産運用をし、自由な時間を通して、過ごし方とその仲間を手に入れましょうという話です。

じゃあどうやったらもっと人生楽しくなるのか?
1日の自由時間の拡大も、限りある時間を楽しむ場合も、必要なことは”知識を増やす”ということなんですよね。
『夢がない』『将来やりたい事がない』というのもお金がないからでなく、知識がないからやりたい事がわからないんです。

自由時間を拡大しようと思っても、どうやったらいいかわからない→起業やビジネスに関する知識不足
将来やりたい事がないというのも、どんな遊びがあるのかわからない→遊びの知識不足
好きな人がいるのに付き合えない→恋愛の知識不足

全ては自分の知識不足から来ている事なんです。
『自己投資って何だよ』って方のために、手っ取り早く人生楽しんで、自由な時間が増えるためにこうしたらいいという答えを書いておきます。

自己投資するということは趣味を増やすということです。
自己投資=趣味と言っても過言ではありません。

見た目にかける自己投資
・エステ
・ジム
・オシャレや服装
・ネイルなど

中身にかける自己投資
・習い事
・自分の趣味の拡大

です。
例えばジムに通い続けることにより、ジム友達というのができます。
習い事も基礎を習得し、嗜むことにより習い事友達というのができます。
そのように自分のコミュニティを拡大していくことは最大の自己投資であり、そして趣味を嗜んでいる人は自由時間が多い方がたくさんいます。
そうすると世の中にどんな仕事があってどうやったらそのようになれるか参考になります。
もちろん僕に聞いていただいても構わないです。笑

そのために普段から人とのランチでも遊びでも自由な時間の多くを”自己投資=趣味”を通して過ごすと人生の質が変わって行きます。
趣味をしている人は向上心が高いも一つです。

自由な時間を手に入れるため、会社員では厳しい事が多々なので起業するか投資家になるしかありません。
これを前提とした場合、じゃあどうやってビジネスを作ればいいのか?についてお話しします。
ビジネスというのは
・物を売る(デパートやスーパー)
・経験を売る(エステサロンや習い事)
・時間を売る(宅急便や飛行機)

この3つしかないんです。
この中でどれかを
・インターネット
・リアル
このどちらかで発信していくということになります。

このブログを読んで『やりたいけど私にはできない』と思ったらそこでおしまいです。
できない事は全く悪いことではありません。

ダメなのは

やりたい事をできないままにしている事

が1番悪い事です。
どんな人にも可能性はあり、挑戦しなければ何も変わらないので、是非3万日の時間で遊び時間を増やすために挑戦してください。

スポンサーリンク